パネルヒーター暖房のボイラーまわりからの漏水修理 N邸 五所川原市

セントラルヒーティング配管まわりからの漏水

パネルヒーター暖房のボイラーまわりからの漏水修理N邸五所川原市

 

 

パネルヒーターやファンコイル・床暖房といった、いわゆるセントラルヒーティングでの24時間暖房の設備で、一番トラブルがあるのが ボイラーまわり。

N様の暖房も写真の配管廻りから漏水していました。

 

これは施工した業者に寄りけりですが、将来の機器の取替えを見越してメンテ用のバルブをきちんとつけるところと、全くと言っていいほどバルブ類がないところとあります。

この度は、真ん中に見えている膨張タンクと呼ばれているものから漏水していました。

あまりない事例ですが、どうやら、接続ねじではなく内部に孔があいているようです。膨張タンクは内部に人間で言う横隔膜があり、そこに孔があいているか、もしくは剥離しているか。

この膨張タンクは、暖房圧力を吸収吐き出しして調整している大切な安全装置なのです。

取り外します。

ここで、バルブが効いてきます。

そうでないと、システムの循環水(不凍液)を一度抜かないいけませんから。

バルブがあるとそこだけの循環水でよく、パネルヒーターは満水加圧のままです。

パネルヒーターのエアー抜き等々の作業がなくなりが格段にに早くなります。

ついでに圧力ゲージも取替え。

壊れなくてもよさそうですが、不具合があるシステムは、不思議と狂っています。

ポンプ稼働時に無理がかかり、激しく動いているかもしれません。

よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック