暖房不凍液注入加圧 T邸 弘前市

パネルヒーター暖房での不凍液が入っていないため、注入加圧しました

暖房不凍液注入加圧T邸弘前市

パネルヒーターが暖かくならない・きかないから見てくれというご依頼。 暖かくならない理由は数々ありますが、今回の場合は基本の基本・・不凍液が入っていませんでした。 左の写真は暖房システム内の圧力を示すゲージですが、見てのとおり《0》。

人間でいえば血圧が全くない状態です。 ここで、じゃぁ不凍液入れましょう!とはなりません。 システムにもよりますが、圧力0になるというのは普通ではありえず、どこか原因があります。 これが、機器の劣化なのか、漏水なのか、を把握する必要があります。

そのためにまず問診として、お客様からいろいろ情報を伺います。 その過程は割愛しますが、こちらの判断として今回は不凍液を加圧して一冬越える判断をしました。

床下にシステムが組んでありましたので、そこから各系統に不凍液を注入していきます。(ちなみに、配管洗浄を事前に行っています)

他の業者のやった配管に加圧する作業はいつやっても緊張します。
どこをどのように配管したか分からず、加圧によって漏水の可能性も否定できず、恐る恐る経験を頼りに、少しずつポンプで送っていきます。
とりあえずこれで不凍液が順調に配管内を循環できるようになりました。
おかげさまでパネルヒーター全て熱くなり、新築時に戻った!と喜んで頂きました。

よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック