温泉用循環ポンプ取替 鶴田町

温泉を循環させるポンプが固まってしまう

温泉の熱で床暖房をしている施設。

IMG_2564IMG_2566

温水で床暖房をするためには、循環ポンプが必須ですが、このポンプが案外もろくて、Max3年位に一度はオーバーホールが必要です。

温水を回すインペラとそれを回す軸を持ったモーター。 その堺にあるのが小さくて薄いシール材。

このシール材が摩耗すると、循環水が漏れてきます。 使用頻度にも寄りますが、メーカーは1年に一度の交換を奨励している程です。

さらに暖房だけの使用ということで、なかなか目が届きにくい。 シーズン初め試運転時に見つからなくても、正味5~6か月も回るので、たまにチェックしないとです。

写真は取替え前の循環ポンプ。 白くこびりついているのは湯の華??でしょうか。

残念ながら交換後の写真はありませんが、同じステンレス製のポンプにそっくりそのまま交換しました。

よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック