暖房 パネルヒーター 不凍液 交換 弘前市

パネルヒーターからの漏れで、不凍液も交換

IMG_4346IMG_4344

暖房 パネルヒーターからの 不凍液 漏れでメールを頂きました。

不凍液がパネルヒーターから漏れる場合、まず不凍液の劣化が考えられます。

暖房システムによって違いますが、密閉式の場合は5~7年で不凍液の全交換になります。 不凍液=温水循環水を軽視されがちですが、不凍液は人間でいう”血液”にあたります。 人間は、腎臓と肝臓で血液を濾しますが 人工工作物はそうはいきません。 透析ならぬ、交換が必要になります。

不凍液には防さび剤が添加されており、これは経年によって劣化していきますので、交換等メンテナンスしなければ鉄製でシムテムを組んでいる限り、サビやピンポールという孔があきます。

定期的に不凍液を交換している場合は、特殊な使い方をしないかぎり(例えば年中稼働して30年越えなど)パネルヒーターの劣化が考えずらく、今回の場合は 不凍液の劣化を疑いました。

お話を伺うと、10年位前に一度交換しているとのことで、パネルヒーターを交換すると同時に不凍液も交換する提案をさせて頂きました。

IMG_4345

 

古い劣化した不凍液を抜き、一度洗浄してから あたらしい不凍液を規定濃度に希釈し、注入しました。

この作業で、5~7年は不凍液は大丈夫です。
※密閉式の場合は、システムに異常があると、7年持ちません。

よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック