三菱暖房ボイラー 取替え 五所川原市

三菱暖房ボイラー 20年経過で取替え

三菱暖房ボイラー 取替え 依頼がありました。

三菱暖房ボイラー圧力ゲージ

 

 

三菱電機は過去に石油(灯油)暖房ボイラーが発売されていました。 現在では、石油(灯油)暖房ボイラーからは撤退し、空冷式の暖房にシフトしています。

お客様が20年使われたこの三菱製の暖房ボイラーも経年劣化のためいつ止まるか分からないという事と、しばらく不凍液の交換をしていないという事で、この機会に取替えます、というご依頼です。

常時圧力も0Paギリギリでしたので、おそらく2階へは微量な不凍液しか流れてなかったと容易に想像がつきます。

現場調査したところ、ボイラーまわりの配管もしっかりされているようでしたので、必要最小限の配管で済み、早く作業が終わりそうです。

 

暖房シーズン中なので、変則工事へ

暖房ボイラー取替えと不凍液交換の作業は1日で終わりません。最低2日は必要になります。

シーズンOFFは、いくら暖房を止めてもなんら問題がありませんが、シーズン中はそうはいきません。 特に、朝晩は暖房必須なので、暖房が使えない作業途中で一日目終了。というのは、あまりにお客様が不憫です。

そこで当よろずプランマーでは、工事手順を変えて、一日目の晩 2日目の朝でも暖房が使える状態にします。

本来であれば、シーズンOFFにこのような工事をするのがベストなのですが、急に止まったなど、やむを得ずという場合も機械もの故ありますので、そのような場合は変則工事に変えて対応しています。

 

膨張タンクを取替え 既設タンクを取り出せない

膨張タンク

 

お客様の暖房システムは《密閉式》です。

奥に見えている白い丸い物が 今まで使ってい膨張タンクですが、取替えようにも取り出せない状態でして、配管しなおして、交換しやすい場所へ新しい膨張タンクを設置。

それにしても、当時の業者はなぜにかのような場所へ置いたんでしょうか。 不思議です。

 

暖房ボイラー設置 不凍液取替え

暖房ボイラー

 

不凍液交換の写真は撮り忘れましたが、完成です。 ボイラー本体自体の大きさはあまり変わりません。

この暖房ボイラーはメンテナンスの際、長手方向の前面パネルが開きます。つまり、ボイラー前方にある程度のメンテナンススペース(奨励は450mm以上)が必要になります。 どこでもどの方向でも良いと言う訳でもありませんので、設置方向に気を使いますね。

これで、次のメンテナンスは仮に順調にお使いになれば、約7年後の不凍液交換になります。

 

▷設置したボイラー

UHB-170HR(FF)  コロナ 暖房能力15,000kcal/h

UHB-170HR
よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック