灯油(石油)給湯器ボイラーと給湯管から漏水 Y邸 鶴田町

石油給湯器(ボイラー)からの漏水だったのですが、給湯管からの漏水も同時に発見

灯油(石油)給湯器ボイラーと給湯管から漏水Y邸鶴田町

 

石油給湯器(ボイラー)から漏水してるとの連絡。

現場に急行して見るとボイラーと銅管を繋ぐ「絶縁ユニオン」という継手部分から漏水していました。

この「絶縁ユニオン」という継手は、万が一漏電した場合に配管を伝って流れてくる電気からボイラーを守るためと、ボイラーを交換しやすくするために使います。

写真の場合、絶縁ユニオンのパッキンにゴム製のパッキンが使用されています。

経年劣化で、ゴムが変形あるいは融けるから漏水していたのですが、ゴムパッキンからテフロンパッキン(テフロンパッキンは溶けにくいです)に交換して漏水は止まりました。

 

当店では新規にボイラーを設置する場合、給湯側には必ずテフロンパッキンを使用しています。

試運転したのですが、蛇口は締まっているのにボイラーが動いたまま止まりません。

他にも漏水してる部分があるようです。床下点検口を開けてみると湿気を感じます。床下でも漏水してる可能性があるので潜ってみました。

給湯管の保温を剥がしてみるとありました。

配管に見事なピンホールができていました。

ピンホールとは、配管に針で突いたような小さな穴が開くことです。

 

 

□で囲った部分がピンホールです。 この部分を切り取り交換して、元通り保温して修理完了です。 試運転して漏水が無いことを確認して終了です。

 

 

 

床下からも漏水していたとは施主様も気付かなかったようで、一緒に直してもらってよかったとおっしゃって下さいました。

床下からの漏水は気付きにくいものです。いつもより 水道料金が多い、蛇口が締まってるのにボイラーが動いてる といつもと比べておかしいなと思ったら漏水かも知れません。 早めにご連絡ください。


よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック