長府・給湯ボイラー 取替え 五所川原市

 

コロナ 給湯ボイラー UIB-NX37R に取替えました。

給湯ボイラー 取替え

長府ボイラー コロナ 給湯ボイラー UIB-NX37Rコロナ 給湯ボイラー 強制給排気 FF

▷設置データ

市町村
撤去した給湯器 概要給湯専用ボイラー 10年経過
新設した給湯器 概要床置・貯湯式給湯専用ボイラー
メーカーコロナ
品番UIB-NX37R
排気方式強制給排気 FF
ボイラー本体価格(税抜)

定価 178,000円

97,000円

 

補足
別途 ボイラーまわり配管+減圧弁安全弁バルブ等の付属品+保温工費+給排気筒延長管+取付け工費+消費税がかかります。

 

強制排気型から強制給排気型へ変更

お客様が今まで使われていた強制排気型のボイラーから強制排気型へ、変更しました。

給湯ボイラーの種類について詳細記事→https://ura.purannma.com/category/water-heater/

ボイラーは灯油で燃焼する機器です。
燃焼するには、空気が必要です。
この空気をどこから取り入れるのかというので、2種類に分かれています。

室内にボイラーを設置するわが青森県内において、

①強制排気型は、室内の空気を取り入れ、排気は外へ排出します。

煙突-1

②強制給排気型は、外の空気を取り入れ、排気は外へ排出します。

FF-1

詳しいことは割愛しますが、わたしの場合は、給湯ボイラー選定にあたり、煙突を出す外部環境によって、設置する形式を変えます。
もちろん、今まで使っていた給湯ボイラーの形式を参考にします。
がしかし、ボイラー故障した内容によっては、違う形式のボイラーの選定もします。

排気場所が、例えば、西側のお宅。東側のお宅。またいつも風が強いお宅や、逆に停滞していまいやすいお宅などなど。

特に、”強制排気型”の場合は風に弱い特性がありますので、特に、煙突を出す方角によって状況が大きく変わります。さらに、室内空気を取り入れるため、ほこりも一緒に給気されます。 結果、ほこりで詰まりやすい特徴があります。

一方で、”強制給排気型”は外の新鮮空気を給気し、外に排気し、風を真正面に受けなければ、強風でもガンガン運転します。 室内設置、排気場所の制限が少ない特徴。  値段的には”強制給排気型”の方が高くなります。

その場所での最適な給湯ボイラーを選ぶのも、私らの重要な仕事の一つです。

 

よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック