給湯ボイラー 修理 中泊町

給湯ボイラーの給水管の破損を修理しました。

 

給水管破損給湯ボイラーに接続する給水管。

付属部品の接続部分がサビにより破損し、漏水していると 修理依頼がメールで届きました。

配管材は鉄製です。

長年の結露水やサビによって腐食が進み破損したと考えられますが、他の理由もあります。

配管をする際は、《異種管を接続する時は絶縁する》という決まり事があります。 どういうことかというと、この写真の例では

バルブ=青銅製 → 接続部品(ニップル)=鉄製 → 減圧弁=青銅製 になります。

このとき異種間で微弱な電位差が生じ、腐食を加速させるのです。
(ちなみに、国交省機械設備仕様書では、禁止事項です)

とはいえ、全てがそうなのかというと それはそれで微妙な話で、プロでも軽く考えがちですが、本来はアウトです。

ボイラー給水管更新後

バルブも効いてなかったので、減圧弁と共に交換し終了です。

ボイラー給水管
よろずプランマ- 木村陽仁です。
お電話でのお問合せ 工事の依頼は
お気軽にどうぞ。

五所川原市大字持子沢字笠野前287-1
0173-27-3536 090-7324-8646

お問合せ・ご相談・お見積り依頼はマークをクリック